◆空間舎が手掛けるエコハウスの標準仕様◆

 

長命住宅のこだわり

 

concept03concept01

 

ECOHOUSE仕様の床材には天然無垢フローリングを標準採用いたしました。
自然素材の天然無垢フローリングには温かみがあり豊かな質感を醸し出します。
天然無垢フローリングであるがゆえに季節によっては隙間ができることがあります。
温度・湿度の変化により多少の反りが発生することもあります。
しかし無垢材だからこそ削ることも磨くことも出来美しくメンテナンスをすることが出来るのです。
天然無垢フローリングは木の上を歩く柔らかい感触や重厚感をお楽しみいただけます。
さらに時間と共に表情を変える経年美をも楽しむことが出来るのです。
ベニア板や単板で作られた複合フローリングでは実現できない本物だけがもつ深い味わいや植物性ワックスによりメンテナンスを行なえる性能を考慮し天然無垢フローリングをECOHOUSEの標準仕様に致しました。

 

内壁

concept04

メンテナンス性能の優れた内装材。
それは張替えをすることにより、メンテナンスを行なうのではなく塗り直すことによりメンテナンスのできる内装材です。
ECOHOUSEの標準仕様に採用したドイツ生まれの『ルナファーザー』は再生紙と木のチップから作られた内装材です。
ドイツでは、100年以上の歴史を持つ自然素材でできたルナファーザー塗り重ねることによりメンテナンスを行なうためゴミを出さず内装を美しくする事が可能なのです。
自然素材のため冷暖房などの湿度環境により多少の収縮が発生したりジョイントが目立ったりすることもあります。 しかし部分補修(塗装)によりメンテナンスの出来るルナファーザーは十分な環境素材と言えるでしょう。
一般的に使用されているビニールクロスは部分補修がむずかしくメンテナンスは張り替えることにより行なうのが一般的です。
張り替える際にも商品が廃盤となり同じものが無いことや工場での生産時期により同じ品番でも色合いが違ってしまうことも通常でありメンテナンスの際には全面補修となることが多く廃棄物を多く出す結果となります。
いくら最初は綺麗でもいくら最初のコストは安くともメンテナンスにより容易に美しく出来ない内装材では結果高い買い物となると同時に人々に長く住まわれ続けることもないのです。

 

concept05concept06concept07

 

concept09 concept10

家は室内も室外も美しく塗り直す事が出来れば新しくなる。
私たちはこのあたりまえの事実を実現するために塗ることが出来る素材にそして塗料にもこだわりました。
住まわれる時の室内環境への配慮は基より施工時や最終処分の時の安全性まで追及し、塗料は植物性塗料を標準仕様といたしました。
一般的に使われている溶剤系塗料では室内環境への悪影響をおよぼす可能性も高く又施工時においても人体への影響が考えられます。
家を長持ちさせるためには欠かすことの出来ない塗装によるメンテナンス。 だからこそ重要視したい素材の一つです。
私たちはメンテナンス性能や処分時の環境性能にもこだわり植物性塗料をECOHOUSEの標準仕様に採用いたしました。

 

現在の家造りでは、化学建材が数多く利用されており、ついには畳まで化学畳と呼ばれるものが登場いたしました。

昨今人気があり生産量を増やしてきました。
しかしその防虫の考え方が進み防虫紙なども混入され始め、いまでは人間への害も心配されており同時に処分時の安全性についても問題が発生いたしております。
過去の本物の畳は処分場に持ち込まれた際土の上に放置され、雨に打たれながら腐るのを待つだけの作業であり、土に戻したり、たい肥として利用したりという処分が、成されていました。
しかし、プラスチック素材などいろいろ素材が複合的に利用されてしまった化学畳では、素材別に分別することも難しく今だけを考えた物造りのツケが畳にまで及んでいるのです。
本物の畳。昔ながらの畳がやはりECOHOUSEの標準仕様です。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家づくりにおいて使い勝手や性能を考えると窓はドレーキップ窓を選びたい。

ハンドル操作によって内開き・内倒しの2種類の開き方が可能であり、クローズ時には窓枠に押し付けるように閉じるため気密性が高く、厳しい環境の寒冷地に向いています。

内開きのため、2階以上の窓でも簡単に室内から外側を掃除ができメンテナンスしやすく、安全です。

内倒しにすることで換気もでき窓が雨に濡れる心配も少なく耐久性の面でも優れています。

材質を樹脂や木製にすることで断熱性が高まり、熱の出入りを減らし室内の温度を保ちます。

 

 

暖房

現在の日本では、使う部屋毎に暖房を行う個別暖房が 一般的です。

しかしこの暖房方法では部屋間に温度差が生じ、 結露の発生や重篤な疾患を引き起こす原因となる ヒートショック現象のリスクが高まります。

わたしたちは、これまで手がけた全てのお客様に 温水パネルヒーターを導入してきました。

温水を循環させ、輻射熱により家中を暖めるので まるで陽だまりにいるように心地よく快適です。

また、直火・水蒸気・燃焼ガスもないので安全で衛生的です。

 

 

 

                                    

建築業登録
COPYRIGHT KU-KANSYA ALL RIGHTS RESERVED